あのカトパン似女芸人餅田コシヒカリさんは4ヶ月で-20kgの肉食ダイエット!

あのカトパン似女芸人餅田コシヒカリさんは4ヶ月で-20kgの肉食ダイエット!


“カトパン”こと加藤綾子アナウンサーに似た顔立ち90kg級のボディの不釣合いが注目されていたポッチャリ女芸人の餅田コシヒカリさんですが、TVのダイエット企画とダイエット本出版企画が重なり、2017年夏に88.8kgだった体重を、おおむね4ヶ月で65.0kgまで減少させています。

太っていたモチダコシヒカリさんの画像



餅田さんの場合はダイエット企画ということで、期間中に2つのダイエット法が試みられています。

・MECダイエット
・トレーナー渋谷美穂氏の指導によるタバタトレーニングを含むハードな追い込み型ダイエット

MECダイエットとは?

MECダイエットは沖縄県那覇市の「こくらクリニック」院長、渡辺信幸さんが考案した食事療法で、「予防医学」の観点から主食として「肉・たまご・チーズ(Meat ・ Egg ・ Cheese)」を摂取するというもので、ダイエットにも取り入れられ、その成果が注目されています。

モチダコシヒカリさんのビフォー&アフター画像



ただ単に「肉・たまご・チーズ」を食べれば良いというのではなく、食べ方も大切で、摂取量はそれぞれ一日に、

肉・・・200g以上(肉の種類は何でも良い)
卵・・・3個以上
チーズ・・・120g以上

必ず一口ずつ30回以上は噛むのが重要で、よく噛むことによって満腹中枢が刺激され、それほど量を食べなくても満足感が得られるということです。

糖質制限ダイエットに似ているように感じますが、「あれはダメこれもダメ」というのではなく、「お肉をたっぷり食べましょう」というようなポジティブな方向性が受け入れやすい感じがします。食べながら痩せるダイエットの好例ではないでしょうか。

タバタトレーニングとは?

タバタトレーニングは立命館大学スポーツ健康科学部の 田端 泉 教授が考案したトレーニング法です。必要最小限の運動で最大限の脂肪燃焼が得られるため、ダイエットにも積極的に取り入れられています。

ダイエットできれいになったモチダコシヒカリさんの画像
(出典:オフィシャルブログ「新米コシヒカリの精米日記」



本来は運動の際の持久力を高めるためのトレーニング法で、人の体に備わる「有酸素性エネルギー(酸素を取り込んでできるエネルギー)」と「無酸素性エネルギー(酸素を使わずにできるエネルギー)」の2つのエネルギーをより短時間の運動で使い切り、効率よく「追い込む」ことでエネルギー代謝を向上させます。

短時間の運動というのは、

(20秒の運動 + 10秒の休息)× 8セット

という内容の正味4分間の運動です。運動の種類は問わず、とにかく4分間で疲労困憊してクタクタになるように身体を追い込みます。

とは言っても、運動としてはかなり負荷の強いものになりますので、4分間の前後には十分なウォームアップとクールダウンも必要です。また普段あまり運動していない方などが闇雲に行うと怪我や循環器障害を引き起こすかもしれませんので、本格的に行うのは自身の体力に応じて慎重に体を慣らしてからにしましょう。

 

サイトマップ